健幸住宅って何?

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8

私達の提案する『健幸住宅』
できる限り化学物質を排除し
国産の自然素材を使用した上で
さらに
とても経済的でサスティナブルな
高断熱高気密住宅です

家族のために国産の自然素材 ⇔ 地球のために省エネ・サーモシェル

家族の健康を願って、自然素材の家を建てると地球のためにもなります。
地球環境のためにサーモシェルで家を建てると家族のためにもなります。

最初のキッカケは、『家族の健康のために自然素材で家を建てたい』で皆おなじ。
『それって森林破壊になるんじゃないの?』って途中でフト気づく。
でも大丈夫。ぜーったいに大丈夫。
必ず地球のためになります。

一方、地球の資源も限られているし…。
『高断熱高気密住宅にしてちょっとだけ省エネに協力しよう』
と考えたお宅には、思わぬ快適さとお財布の暖かさも
プレゼントされることになっています。

実は自然素材だけでは片手落ちなのです。
省エネ性能が伴ってこそ、健幸な住宅となります。
では、健幸住宅の解説を始めましょう。

チョットその前に!

自然住宅、自然派住宅、自然素材住宅、環境共生住宅、健康住宅・・・さまざまな言葉があふれています。
モチロン『健幸住宅』もそのうちのひとつですが、これだけ言葉があふれたら何が良いのか分かりませんよね。
チョット整理してみましょ。

●室内環境重視派
自然素材をたっぷり使ってシックハウス対策と健康さをアピールしていますが、環境に対しての意識が低く価格面を重視して輸入建材を多用している家。

●自然素材環境重視、高断熱高気密否定派
環境に対する意識が高く、国産の自然素材を多用し、ビオトープ、雨水利用等へも関心を持つが、なるべく機械に頼らないようにするために高断熱高気密にせず計画換気も採用しない家。

●自然素材環境重視、高断熱高気密肯定派
前のタイプと似たような考えだけれども、高断熱高気密と計画換気する事こそ室内環境が良くなり同時に省エネになると考える家。

●伝統工法重視派
戦後のバラックより以前の伝統的な家こそが最良であり、高断熱高気密なんかとんでもないと考え、素材・工法にこだわる家。

●ワシャもうかなわんワ派
(失礼ながら)お年寄りの大工さんが建てる家で、構造・換気・断熱などの変化について行けず新しい事を取入れるのを放棄した家。

●省エネ断熱だけアピール派
そこそこの断熱性能はあまりコストをかけずに実現できます。それを如何にアピールするか?

●ゼロエネルギーの家派
断熱性能はそう良くはないのに、太陽光発電パネル(200〜300万円 !! もする)を取り付けてカバーしている粉飾決算的?な家。

●ホルムアルデヒドだけ対策派
合板類をF☆☆☆☆クラスに、ビニールクロスの糊をノンホルムタイプに変更した程度で「業界最高レベルの対策をとっています。」と広告する。じつは建築基準法上の最低レベルなのだが…。

ちなみに、『健幸住宅』は【自然素材環境重視、高断熱高気密肯定派】になります。
さて、あなたにピッタリなのはどのタイプでしょうか?